損害を減らすために

経営者にとってクレームは最も優先しなくてはいけない仕事です。
クレームの対応が遅くなるとその分相手側の不信感がどんどん高まってきます。特に会社のトップの人間が直接クレーム処理の対応をするからこそこちら側の誠意が伝わります。ただしクレーム処理なるべく損害を少なくし、いかに相手側の要求をしっかり受け止められるのかということが需要です。そこで法的な問題や世間一般的に見てどこまでが誠意として受け止められるのかの判断が難しくなります。

そこで一番頼りになるのが顧問弁護士の存在です。普段から会社の実情を知るとともに、問題が発生したいときにほかの同業者はどのような対応をしているのかなどのアドバイスをもらうことができます。特に得意とする分野の弁護の場合、過去に多くの経験を積んでいます。そのためある程度の予測も立てやすく、安心してクレーム処理を行うことができます。

また過去の経験などからも、事前にトラブルになるような案件は指摘してもらうことができ、クレームを未然に防ぐこともできます。実際に弁護士として受けた依頼の多くは、顧問弁護士であればクレームを早期の段階で防ぐことができる事例が多いといわれています。クレームがなければ経営者としての仕事に集中することができ潤滑に仕事を行うことができます。

関連サイト・・・アディーレ プラス | 企業法務に強い顧問弁護士なら弁護士法人アディーレ法律事務所