スピード解決の為に

クレームは時に、会社の存続の危機となる場合があります。
大口の取引先でのクレームや社会的に信用を無くすような事件を起こした場合など、早く解決をしなくては会経営者としての仕事は全く手に付けることができません。そのため会社の利益にも問題が生じ大きな損害へとつながってしまいます。なかには法律的な問題などがあると自分では知識がなくどうしたらいいのかわかくて困ってしまう人もおいでしょう。

そういった場合に顧問弁護士を雇っていれば、早いところでは1時間以内に依頼主のもとに弁護士が来て問題の状況を把握してくれます。そして過去の事例や判例などを見て適切な対応を教えてもらうことができます。それは問題がない普段の会社の時から出入りし会社の状況や専門的な知識を事前に入手していることから適切な対応ができます。

また経営者によって考え方なども異なるため、経営者の意向に沿ったクレーム対応を早く提案することができます。クレームは早く対応することで会社への損害も最小限に抑えることができます。
そう言った万が一の時に備えて顧問弁護士を雇うと精神的にも肉体的にも大きな手助けとなります。特に中小企業の場合は、経営者が会社のトップとして積極的に行動している人が多いです。そのため経営者が営業に専念するためにも顧問弁護士の存在は大きいです。

1 2